消費者金融は審査甘い?制度が整った今でも噂になるのはなぜか

カードローンの仕組みを知っていますか?

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが

銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。