消費者金融審査が落ちる件の本音の口コミ

消費者金融とカードローンの違いは

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融で借りるメリットとは

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも借りやすいと人気です。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだとローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。