消費者金融審査の落ちるから判明したまとめ

消費者金融審査の仕組み

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融審査のポイント

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。