消費者金融審査の2ch落ちるを徹底検証

消費者金融でお金を借りる

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますからランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融審査のポイント

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。